アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「佐賀県」のブログ記事

みんなの「佐賀県」ブログ


佐賀県におけるプロボノの可能性と挑戦:嵯峨生馬氏

2012/04/25 16:24
メリハリの利いた社会貢献! RT ボランティアやりたいけど…の不安解消! http://scrumyobuko.sagafan.jp/e498179.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢を叶える市民活動とは?

2012/03/20 16:03
佐賀CSO学院修了式の時に森本さんが記念講演をして下さいました。
okkoさんのグラフィックも勿論ありますよ。

森本CIO記念講演『夢を叶える市民活動とは?』

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀県海外使節団現状報告会-徳島大作

2012/03/20 15:54
YouTubeにアップしました。

佐賀県海外使節団帰国報告会
http://youtu.be/ZbvGTHRx39U

佐賀県海外使節団現状報告会-中村暖
http://youtu.be/lJlXW2iBc04

佐賀県海外使節団現状報告会-徳島大作
http://youtu.be/ZRuiqAe0IjM

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀県海外使節団現状報告会-中村暖

2012/03/20 15:41
佐賀県海外使節団現状報告会-中村暖

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀県海外使節団帰国報告会

2012/03/20 15:27
YouTubeにアップしました。

佐賀県海外使節団帰国報告会
http://youtu.be/ZbvGTHRx39U

佐賀県海外使節団現状報告会-中村暖
http://youtu.be/lJlXW2iBc04

佐賀県海外使節団現状報告会-徳島大作
http://youtu.be/ZRuiqAe0IjM

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


基調講演「地域情報化による課題解決」:佐賀県CIO森本登志男氏

2011/05/24 09:50
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐賀県が被災者3万人受入

2011/03/20 16:15
 佐賀県は『平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震』の被災者を3万人規模で受け入れます。

 このほか被災者支援としてこれまでに公営住宅の提供を決めているのが県営住宅のほか武雄市や唐津市、佐賀市でも準備が進んでいます。











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ICTの伝道師

2009/10/08 21:12
 佐賀県とMS ICT活用事業の一環として、ICTを活用するCSO(市民社会組織)の講師養成が本格的に開始されました。2009年10月4日(日)に佐賀市のiスクエアビル開催されたセミナーに、私たちCSO活動拠点サポーターや市民活動の関係者が集まりました。



 今回のセミナーは2回目ですが、前回はオリエンテーション的内容でしたので今回からが本番です。佐賀県では市民活動全般を包括してCSOと呼んでいますが、組織を運営するに必要な「人、物、金、情報」が不足しています。その不足をICTを道具として活用して補おうと言うのが、この事業の趣旨です。このセミナーで勉強したメンバーは技術的なテクニックを教えるよりも、どちらかと言うとICTの利点を佐賀県内のCSOに広く知らしめる伝道師的な役割を担います。

 今回のセミナーには心強いパートナーのマイクロソフト社から、担当の西堀華子さんも視察にみえていました。西堀さんセミナー終了後、CSO活動拠点サポーターの飲み会に参加して下さいました。本当に気さく方で、世界的な大会社の社員と言う感じがしません。そうして酒豪でした…。


MS社の社会貢献コーディネーター
         西堀華子さん


 このセミナーは全部で6回行われます。最後の6回目には受講者が実際に講師として実演も行います。今後の予定は下記の画像です。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


やっと実現、ICT弱者の救済。

2009/06/29 21:02
 パソコンを習得するために、分厚い意味不明な横文字ばかりが書かれたマニュアルや教本をみ見て挫けた人は多いと思います。ICTの分野は急速に普及し、今もなお目まぐるしく進化を遂げています。どだい初心者が単独で修得するには無理があります。官庁や企業に勤めていれば、セクションに一人は詳しい人がいて、その人に聞きながら修得する事も可能です。他の分野にも共通する事ですが、誰かに聞きながら実践で学ぶのが一番早い勉強方法なのです。

 しかし、家庭の主婦や農林水産業に従事する人たちは、普段ITCを直接駆使することはありません。そんな人達がICTを学ぼうとしても、分からないことを聞けて、気軽の教えてくれる人は回りにあまりいないのが現状です。私もこう言ったICT弱者を救済する仕組みを作らないと、ICTの普及は不可能だと県や関係者に言い続けてきました。

 今回やっとICT弱者を救済への第一歩が佐賀県から示されました。でもこれは本当に第一歩に過ぎません。これから長い道のりが続きます。アポロ11号のニール・アームストロングは月面にその第一歩を印した時こう述べました「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」。佐賀県にのICTにとっても、これが偉大な飛躍となる事を切に希望します。

 ちょっとオーバーだったかな (^^ゞ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


「ICT寺子屋」県内6カ所に 相談員常駐、秋にも
(09年6月24日)佐賀新聞

 佐賀県は市町と共同で、ICT(情報通信技術)初心者の支援拠点づくりに取り組む。公民館などに相談員を置く「ICT寺子屋」を設け、地域の人が気軽に相談できる環境を整える。県内はブロードバンド(高速大容量)通信網の世帯カバー率が100%になったが、加入率は約40%にとどまっており、支援拠点を身近につくりICTの利用者増を目指す。

 ICT寺子屋は、公民館や図書館など県内6カ所に開設する計画。高速インターネットを利用できる環境を整え、パソコン10台程度を設置する。費用は県と市町の折半で、県は1カ所当たり78万5千円、総額471万円の予算を組み、6月定例県議会に提案した。

 寺子屋に常駐する相談員は1カ所1人の予定で、市町が国の緊急経済対策による「ふるさと雇用再生基金」を使って採用する。技能を備えた適任者がいない場合はICT普及に取り組んでいるCSO(市民社会組織)と連携して研修などを行い、人材を育成する。

 インターネットの普及に伴い、各市町では利用講習会などが開かれているが、初心者をフォローする場が少なく、「技術の向上が難しい」などの声が上がっていた。寺子屋では困った時にいつでも相談を受け付け、継続的に支援する。

 開設時期は市町と協議して決めるが、9月ごろには始める予定。県情報・業務改革課は「初心者が少しずつ技術を高め、集まった人たちが互いに学び、教え合う場にしたい」と話す。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ブロードバンド・カバー率100%達成

2009/05/01 21:52
 ブロードバンド・カバー率100%達成
 佐賀県のブロードバンド・カバー率が今年3月末で100%に達成しました。これは九州・沖縄8県では最初です。全国でも比較的早い方だと思います。
 しかし、ネット利用率は40.6%で全国41位と、下位に甘んじています。ネット利用率の方も今年度中に50%達成を目指し、マイクロソフトと協力して利活用推進を積極的に推し進めています。人口の少ない佐賀県ですが、逆に利用率を上げるには有利だとも言えます。
 正直言って他の分野ではパッとしない佐賀県ですが、ICTでは結構頑張っています。これは佐賀県が全国に注目される、絶好の機会となるでしょう。県民の皆さん、頑張って推進に努めましょう!


ブロードバンドはくらしのパートナー
(佐賀県HP:2009年4月24日)

 佐賀県では、急速に普及が進む高速インターネットを県民や企業の方々が利用できるよう、市町や電気通信事業者、ケーブルテレビ会社と連携してブロードバンド環境の整備を進めてきました。

 このたび、光ファイバーやADSL、ケーブルテレビ、携帯電話、衛星通信等により、ブロードバンド整備率が100%となり、県民がいつでも、どこでも、 ICT(情報通信技術)に支えられた豊かなくらしを享受できる佐賀県を実現するための、その主要な基盤が整いました。

 ブロードバンドは、いろんな場面で県民の皆様にお役に立てるものと信じております。ぜひ、ブロードバンドを体験してみてください。

 なお、お住まいの地域のブロードバンド環境については、以下の「市町毎のブロードバンド整備状況」から確認できます。


佐賀県におけるブロードバンド整備状況
(佐賀県HP:2009年4月24日)

 佐賀県では、急速に普及が進む高速インターネットを県民や企業の方々が利用できるよう、市町や電気通信事業者、ケーブルテレビ会社と連携してブロードバンド環境の整備を進めてきました。

 このたび、光ファイバーやADSL、ケーブルテレビ、携帯電話、衛星通信により、ブロードバンド整備率が100%となり、県民がいつでも、どこでも、 ICT(情報通信技術)に支えられた豊かなくらしを享受できる佐賀県を実現するための、その主要な基盤が整いました。

なお、ブロードバンドへの接続について、地域ごとの方法をとりまとめ、お問い合わせに対応できるようにしています。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ニースリリース&プレスリリース専門ポータルサイト『News2u.net』にもリリースアップされました。
http://www.news2u.net/NRR200948162.html
http://m.news2u.net/release.php?rid=NRR200948162

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

佐賀県におけるブロードバンド整備状況
Japan Internet.com(2009/04/27)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

県内ブロードバンドカバー率100% 加入は4割
佐賀新聞(2009/05/01)

 高速インターネットを利用できるブロードバンド(高速大容量)通信網の佐賀県の世帯カバー率が100%になった。総務省調査(昨年9月末現在)で100%は神奈川、富山、三重の3県で、県情報・業務改革課によると、九州・沖縄では佐賀が一番乗り。

 一方、ブロードバンドに接続できる状況は整ったものの、昨年末現在の加入率は40・6%で全国41位となっている。今後は利用促進が課題になる。

 県は92年度策定の情報化推進計画に基づき、市町や電気通信事業者、ケーブルテレビ会社と連携して基盤整備を進めてきた。

 07年度までに98・5%、29万5000世帯をカバー。佐賀市富士町や鹿島市の中山間地、唐津市の離島など一部地域が残っていたが、今年3月までにケーブルテレビや携帯電話による通信が可能になった。

 加入率は40・6%で、内訳は電話回線を使ったADSLが18・2%、光ファイバーが13・3%、ケーブルテレビが9・1%。27府県が50%を超えている中、県内の利用は遅れている。

 加入率を高めるため、県のウェブサイトに利用できるブロードバンドの種類を地区ごとに掲載している。川島宏一最高情報統括監は「電子メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを使い、暮らしの豊かさを実感してほしい」と利用を呼び掛けている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
シニアが元気!
シニアが元気!  3月19・20日に佐賀市で「ICTマスター共育研修」が開催されました。これは佐賀県とMS社との協働プログラムに関する覚書を締結に関する事業の一つで、今回は「シニアネット佐賀」の方々が受講されました。私もシニアに混じって受講させてもらいました。  皆さん非常に熱心で、若いこちらの方がタジタジでした。でも、講師の青山先生の巧みな話術でリラックスして受講することが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 21:14
第4回地域SNS全国フォーラム
第4回地域SNS全国フォーラム  昨年の10月17日、18日に佐賀で行われて「第3回地域SNS全国フォーラム」に引き続き、「第4回地域SNS全国フォーラム」が京都府宇治市で3月7日、8日の両日に開かれます。  このフォーラムに佐賀県のSNSを代表して「ひびの」から、1人の会員の取り組みがマスメディアを介して地域社会に広がった「段ボールコンポスト」の取り組みを紹介します。初日分科会「地域で取り組むエコな話」で、「ひびの」会員で北方町の下田代満さん(59)が実践、提唱する「段ボールコンポスト」が報告する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/04 22:09
2008年度「電子自治体ランキング」
 摂南大学の久保貞也准教授(経 営工学)らの研究グループが、全国1857自治体(都道府県47、市・特別区806、町村1004)を対象に、「庁内情報化」「行政サービス」「情報セ キュリティ」の3領域について 2008年8月から10月にかけてアンケート調査を実施、880団体(都道府県36、市・特別区403、町村441)から回答を得て、2008年度「電子 自治体進展度調査」の結果を発表した。  その結果、都道府県総合ランキングで、佐賀県は昨年の8位から2位へと大きくランクアップした。また、町... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/26 23:31
弱者の強み
弱者の強み  先日マイクロソフトとの包括的な事業の覚書に調印したばかりですが、早くも地域活性化を目指した本格的ICTモデル事業が動きだします。  大都市への一極集中によって、地方は人口減少と高齢化が進んでいます。特に過疎の村は限界集落となり、インフラ整備も進まず取り残されています。  そんな中、過疎の村でもアイデア次第では全国に注目を集める事を証明したのが、徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」です。上勝町ではICTを活用した事が、成功の大きな要因でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 21:52
佐賀県とマイクロソフト社が連携
佐賀県とマイクロソフト社が連携  本日、佐賀県とマイクロソフト社が「ICTを活用した地域活性化協働プログラム」に関する覚書が取り交わされた。会場の佐賀市「グランデはがくれ」で、佐賀県知事の古川保 氏と、マイクロソフト社日本法人社長 樋口泰行 氏との調印式が行われ事業が締結された。MS社は佐賀県以外にも多くの地域と事業を展開していて、都道府県単位での事業締結も交わしている。  しかし今回の佐賀県とのケースのように、複数にプログラムを包括的に実施するのは初めてだ。この事業に掛ける意気込みは、締結式の終了後直ぐに第一弾の高齢者向け... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

2009/02/04 22:35
トレンドは分散型
トレンドは分散型  以前ベンダロックインについて書いた記事の中で高知県の電子行政の取り組みを紹介しました。  またこの“高知県方式”に新たな注目が集まっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/20 23:11
佐賀県の提案型公共サービス改善制度
佐賀県の提案型公共サービス改善制度  佐賀県が進めたいる「提案型公共サービス改善制度(協働化テスト)」の平成21年度「県業務の担い手のあり方についての提案書」に応募していた、チームUの提案が採択されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/28 16:29
佐賀の若いクリエーター、頑張ってます!
佐賀の若いクリエーター、頑張ってます!  NHKで放映しているデジタルスタジアムで10代クリエイター特集で、有田工業高校放送部の池田舞さんと西田藍子さんの作品が選ばれました。  有田町は陶磁器の町として全国に知られていますが、映像クリエーティブの分野で高校としてはチョット有名です。  この作品「YOSOWASHI(よそわし)」は佐賀の言葉で「気持ち悪」とか「汚い」と言う意味です。  皮脂をテーマにしているのですが、普通なら絶対にテーマにならない物を、人の顔を使ってユーモラスに表現しています。  面白いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 21:29
開かれた町政を目指して。
開かれた町政を目指して。  玄海町の情報専門官への2度目の挑戦は、やっぱり予想通りでした。  これからの地方行政は単独でどうにか出来る物ではありません。より広域での連携が地域活性化のカギだと思います。そのための道具としてICTの活用は必須課題だと思います。  今後は優秀な情報専門官を採用されて、情報開示の進んだ明るい町政を目指してもらいたと強く願う所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 0

2008/10/30 21:54
産学官連携
 佐賀大学や県内自治体、産業界の6団体が10日、ICTや人材養成で包括連携協定を締結した。 マクロな見地から将来を見越した取り組みで大いに結構です。大きな理念なくして、大きな構想は推進できません。  ですが、この事業が成功するカギは、如何に多くの県民を巻き込めるかにあると思います。末端では大きな理念だけ振りかざしても、誰も付いてきません。経済と一緒で、マクロとミクロは必ずしもイコールではないのです。末端には末端に合った戦略が必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 22:13
第3回地域SNS全国フォーラムin佐賀の公式HP
第3回地域SNS全国フォーラムin佐賀の公式HP  第3回地域SNS全国フォーラムin佐賀の公式HPが開設されました。  ここから詳細な情報を確認して、参加登録をお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 10:16
地域SNS全国フォーラムin佐賀
地域SNS全国フォーラムin佐賀   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 11:43
「さがICTビジョン2008」を策定
「さがICTビジョン2008」を策定 『さがICTビジョン2008』 佐賀から始める 佐賀から始まる もやい(つながり)は佐賀から ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/17 12:18
「さが経革ひろば」キックオフセミナー
「さが経革ひろば」キックオフセミナー  「さが経革ひろば」キックオフセミナー行ってきました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 18:02
二つの記事
 下記の二つの記事を読んで感じたこと。  県が広く情報を取り込み、その中から有用な物を利用して、独自性を確立しようとしている姿勢には大いに賛成です。  しかし、末端の県民が何処までそれを理解出来ているかは、疑問に感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/08/02 10:01
不思議だ!
不思議だ!  先月でこのサイトを開設してから1年が経ちます。  最初は大して伸びなかったアクセス数が、昨年の末頃から増えだしました。  今年の2月以降は毎月1万PVを越すアクセスが続いています。  その結果1年間での累積アクセスが、11万PV台を達成する事が出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 10:00
ブロードバンド接続世帯率50%達成について考える。
 佐賀県は、県内ブロードバンド接続世帯率50%達成を目指している。  それについて思う事を、徒然なるがままに書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 20:30
u−さが「もやい」ネットワーク
u−さが「もやい」ネットワーク  「もやい」とは佐賀の方言で「共有」を意味する言葉です。同時に人と人との「つながり」をも意味します。  佐賀県では「もやい」をキーワードにして、2010年代の佐賀の地域活性化をICTを活用して行おうと構想しています。  昔ながらの村共同体的な温かい人と人との繋がりを、ICTを道具として使い補完しようと考えています。  「u−さが」はキャッチフレーズです。  この構想について、私の個人的な意見を述べさせてもらいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0

2008/01/14 21:26

トップへ | みんなの「佐賀県」ブログ

佐賀県だってICT 佐賀県のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる